SSブログ
デジタル映像制作Webマガジン PRONEWS

第7師団AC-TESC訓練取材 [撮影取材]

480.jpg

 第7師団が担当実施するAC-TESCの取材撮影を6月6日と8日の2回にわたり敢行した。

 AC-TESCとは、戦車部隊を基幹とし、火砲やヘリ等、他職種を増強した部隊が、交戦訓練装置(砲弾や銃弾の代わりにレーザー光線を発射・受光する装置)を隊員・車両等に装着し、損害や負傷等の状況が、現地においてリアルタイムで生起する実戦的環境下で行われる訓練である。
  また、訓練センターにおいては、現在行われている戦闘の状況を確認でき、使用するシステムは戦闘結果を分析する機能を有しており、訓練終了後の研究会等に活用されている。   

 待ち合わせの南恵庭駐屯地で待ってくれていたのは第7師団広報班の永井広報陸曹。
 私が正門を入り駐車場で車を止めるや近寄って来て『測定させて頂きます!』
 体温計をおでこに当てられた。「平熱、異常なし!」
 8日の日は何と取材社は我が社HAJIMEVISIONのみ!
 広報幹部に聞けば普段大挙して取材に来道される関東地区からの雑誌社等の記者の方々については新型コロナウィルス感染防止の観点から御遠慮願ったとの事。
 統裁部の状況も少しだけ垣間見ることができた。新型コロナウィルス対策は写真でご覧の通りビニールで統裁部要員が仕切られ換気のための扇風機が随所に設置されており万全であると思われた。

ブログ用①.jpg

ブログ用②.jpg

統裁部扇風機480.jpg

 6日は第11普通科連隊第4中隊(10式戦車が配属)を撮影、8日は第73戦車連隊第1中隊と第3中隊の対抗戦でしかも中隊検閲として行われたが、第1中隊の行動を撮影した。
 これはまさしく真剣勝負だ。

統裁部APC480.jpg

 私は戦況確認用の統裁部のAPCに藤松広報幹部とともに搭乗して正に戦場の真只中での撮影を行うことができた。
ブログ用③.jpg

ブログ用④.jpg
ブログ用⑤.jpg
ブログ用⑥.jpg
ブログ用⑦.jpg
ブログ用⑧.jpg
ブログ用⑨.jpg
ブログ用⑩.jpg
ブログ用⑪.jpg
ブログ用⑫.jpg
10TK眼鏡480.jpg
480.jpg

 通称バトラーと呼ばれるレーザー光線装置、交戦用訓練装置は訓練期間約2週間の間で延べ3000名、戦車等のべ数百両に対して装着して使用される
 実弾こそ使われないが射撃命中の正否がリアルタイムで判定され、訓練実施部隊はその度に状況判断を迫られる。戦場の実相に近い状況が再現されるので各級指揮官や隊員たちの真剣度を高め訓練効果は絶大だ。
 
バトラー480③.jpg

バトラー480②.jpg

バトラー480①.jpg











nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。