So-net無料ブログ作成
デジタル映像制作Webマガジン PRONEWS

音楽隊と大砲のコラボレーション・イン島松 [ビデオ制作]

大砲コンサート全景.jpg

 9月23日(火)陸上自衛隊島松駐屯地の創立56周年記念行事の一環として「音楽隊と大砲のコラボレーション」が秋晴れのもと行われました。このイベントは、ロシア軍とナポレオン軍の戦いをモチーフにしたチャイコフスキー作曲の『大序曲「1812年」変ホ短調 作品49』を忠実に演奏しようと言うものです。
 約10分に及ぶこのチィコフスキーの「1812年」の楽譜中盤のクライマックスでは、大砲の音が指定されているという極めてユニークなもので、北海道においては本物の大砲を使った今回の演奏は史上初めてだそうです。
 涙ぐましい準備や練習を経て晴れ舞台のこの日、地元高校生を交えた音楽隊の吹奏楽に合わせ陸上自衛隊の105ミリ榴弾砲3門から空砲計20発が発射され、100名を超える壮大なマーチングバンドによる大迫力の演奏に約5000人の観衆が魅了されました。
 高校生はもちろん、参加した自衛隊の音楽隊員や大砲を操作した隊員たちも初めての演奏とあって大変貴重な体験だったようです。
 私たちは、このユニークなイベントを業務用カメラ4台(うちハイビジョンカメラ2台)で撮影収録しました。編集は、島松駐屯地広報班のスタッフによるカメラ5台の収録映像を合わせ計9カメのマルチカメラ編集でもってDVDとして完成させる予定です。参加者の皆さんもどうかお楽しみに。

★大砲の轟音と演奏中の音楽隊(白いユニフォームは恵庭北高の吹奏楽部のメンバー)
大砲コンサート①.jpg
大砲コンサート2.jpg
大砲コンサート④.jpg

★大砲の操作は、第1特科団の隊員。
大砲.jpg


浮遊感ある映像体験へのチャレンジ [ビデオ制作]

 先日、何気なく愛読のビデオサロン誌を眺めていたところ、目を奪われるような素敵なデザインの製品を発見。その名は、マンフロット社のカメラスタビライザーMODOSTEADY。
 早速「システム5社」から購入してみました。随所に様々なアイデアが凝らされていて使い勝手は上々です。デザインも赤と黒の粋な色使いだし、いったいどこの国の製品なのかと探してみればアームの裏に「MADE IN SLOVACIA」の文字が。昔のチェコスロヴァキアなんでしょうか。思わずうならされるこんな素晴らしい機能的なデザインが出来るスタッフとはどんな人たちなのか興味がわきました。下記写真の通り、ミニ3脚(グリップ部分を入れると4脚!)、ショルダーサポート、そしてスタビライザーの3通りの使い方が出来ます。折り畳むとちょっとしたバッグの隅にも収まってしまう手軽さ。随所に様々なアイデアが凝らされていて、まだ本格的に使ってはいませんが、2万円を切る価格で、どんな映像が撮れるのか大変楽しみです。
 ところで一つ問題が。ユーロエリアの使用が前提のためか(日本にも多くのビデオカメラユーザーがいるのに!)説明書がGB(英語)I(イタリア?)D(ドイツ)F(フランス)の4カ国語のみで日本語はなし。英語は概略は理解できますが、ディテールな部分はやはり翻訳してもらわないとと、販売元のボーゲンイメージング株式会社にメールで問い合わせたところ、早速カスタマーサービスの中野さんから制作中の資料を添付して頂きました。近々ホームページでもアップして頂けるとのことで、素早い対応にも好感が持てました。

★テーブル3脚としての使用(自由雲台でカメラ方向を容易にセット可能。カメラはキャノンのHV-10)
モッドステディ1.jpg

★ショルダーサポートとしての使用(これもしっくり馴染んで扱いやすそう)
モッドステディ3.jpg

★スタビライザーとしての使用(微妙なバランス調整には慣れるまで少し時間がかかる)
モッドステディ2.jpg

★折り畳むとこんなにコンパクト。多機能なのにかさばりません。
モッドステディ折りたたみ.jpg

★アームの裏には『MADE IN SLOVACIA』の文字
スロバキア製品.jpg

福岡氏を偲ぶ会〜後日談 [ビデオ制作]

 8月19日付けで、故福岡英敏様の3回忌のビデオ制作について記載いたしましたが、このたび、奥様の久美子様からご丁寧なお便りを頂きましたので、此処にその一部のみですが、ご紹介させて頂きます。
 「(中略)この度の偲ぶ会には、発起人様のご努力で盛大で素晴らしい会を催して頂き感謝致しております。その中でも小島様の敏腕が会をもり立て感動しております。英敏物語DVD映像がとても美しく仕上がり、当日のDVDや写真集もとても良い記念になります。主人の亡き後、私の一番の宝物とさせて頂きたいと思います。有り難うございました。(以下略)」

 福岡様の手紙を読ませて頂きながら思いました。人生はドラマだと申しますが、亡き人を偲ぶ思いは人それぞれに深いものがあります。お客様に喜んで頂く仕事ができることが私の喜びでもあり、次の制作活動への励みともなります。これからもこの仕事を続けて行こうと…
 このようなビデオにご関心のある方は、私のホームページもご覧下さい。http://www.hajimevision.com

 ★故福岡英敏氏を偲ぶ会のために制作したDVDのジャケットと偲ぶ会での上映風景
DVDジャケ福岡氏ブログ用表紙.jpg
福岡様上映中.jpg


卒寿祝いの会 [ビデオ制作]

 本日、前回紹介しました卒寿祝いの会が札幌グランドホテルで開かれました。
 会場は、子、孫、ひ孫の方々を含め親族の皆さんが約40人集い、大正、昭和、平成とほぼ1世紀に渡り、生き抜いて来られた大おばあちゃんのこれまでのご苦労をねぎらい、またこれからの益々のご長寿を願いました。
 私は、本日の会そのもののビデオと写真による撮影記録と合わせ、約3ヶ月をかけて編集しましたビデオを液晶プロジェクターで上映いたしました。作品としての55分はかなり長いのですが、いらっしゃる皆様は総て親族関係者であることと、依頼主の企画で親族みんなどこかに写真が出ていることもあり、皆さん食い入るように、おばあちゃんの人生叙事詩に見入っておられました。
 最後に司会者から、ビデオを見ての感想を求められるとご本人は「大変良く出来ており、自分の人生にも満足しています。」と答えておられました。

 ★卒寿を祝い会場には親族の皆さんが駆けつけました
会場風景.jpg

 ★大画面に約半世紀にわたる人生絵巻が上映されました
上映中.jpg


「卒寿を迎えるある女性の人生叙事詩」ナレーション収録中 [ビデオ制作]

 大正、昭和、平成と時代の波に翻弄されながらも約1世紀90年にわたり逞しく生きて来た一人の女性の物語が、いよいよ制作の最終段階を迎えております。本日は、その作品のナレーション収録を依頼しました坪田佳代子さん(フリーアナウンサー)が我がオフィスにいらっしゃいました。
 彼女は札幌の有名FM局のアナもつとめておられます。昨年、札樽駅伝の撮影の際にご一緒しました縁で今回依頼させて頂きました。
 今回のビデオの主役の数奇な人生叙事詩をナレーションで彩って頂くことになります。
 さすがプロの技と言いますか、短時間にてきぱきと多くのナレーション文を心を込めて朗読して頂きました。
 出来上がった作品は、明後日の「卒寿を祝う会」で、ご親戚一同が多数集う中、札幌グランドホテルの会場で大画面の上映を予定しております。その模様は次回のブログで紹介予定です。

 ★収録中の坪田さんです。素敵なナレーションをありがとうございました。
坪田さん2.jpg