So-net無料ブログ作成
デジタル映像制作Webマガジン PRONEWS

アップルストアレッスンとAG-HMC155使用レポートその4 [ビデオ制作]

アップルストア.jpg

 27日(月)アップルストア札幌にPANASONICのAVCHDカメラAG-HMC155を持って行って参りました。2年前に映像の仕事を始める時に、編集のためにMacProを購入しまして以来、毎週1回受けれるレッスン(現在ONE TO ONEと呼ばれておるようです)の会員となっております。これは、アップルストアのクリエイティブと呼ばれる専門のインストラクタが1時間の個人レッスンを担当してくれるもので事前予約制で年間1万円ほどの会費です。 ユーザー次第ですが、他の高価なレッスンと比べて絶対にお得な授業料だと思います。現在私は、毎週月曜日の日中1時間を決めて、連続して受講しております。これは、自らの修学意欲の継続性が理由です。間が空いてしまうとなかなか億劫になり勝ちですので敢えてそのようにしています。最も映像ジャンルの知識が豊富だと思われる?イントラK氏の時間を狙って予約しています。もちろん他のクリエイティブの方もそれぞれの専門家であり時々お世話になっておりますが。
(下の2枚の写真は、SDタイプのビデオで撮影したものの静止画ですので画像の鮮明度はそれなりです、あしからず。)

編集中1.JPEG
 ★USBケーブルでカメラをつなぎます。画面は、FinalCutPro6です

 レッスンは1時間しかありません。本日は、とりあえず私が、先週末にAG-HMC155によりSDカードに撮影してきた北大銀杏並木の映像をMacbookProのFinalCutPro6(以下FCP)に取り込むことが目標です。カメラの電源を入れ前回確認しました動作モードボタンをPBモード状態で長押ししてPCモードに変えます。USBケーブルをつなぎFCPのファイルメニューから「切り出しと転送」を選択し取り込みます。これまでテープの場合は「切り出しと取り込み」だったんですが、ここがAVCHDの違いで映像信号と違い「ファイル」なので「転送」ということのようです。
 ちなみに、マックのデスクトップ上に表示されたAG-HMC155カメラのアイコンを開くと「AVCHD」という名前があり、これをそのままデスクトップ上にドラッグすると見る見るうちに高速でファイルがコピーされました。これこそがファイル転送というAVCHDならではの高い効率性の一面であることが認識できました。
編集中2.JPEG
 ★AVCHD映像(標準のHGモードなのですが)の美しさにK氏も驚嘆!!していました。



おすすめの商品です