So-net無料ブログ作成
デジタル映像制作Webマガジン PRONEWS

防衛大学校DVD「任重く道遠し〜小原台を駆けた若人〜」 [TOPICS]

任重くVHS表紙370.jpg

今から17年前の2002年(平成14年)、『任重く道遠し』と題する映像作品が防衛大学校創立五十周年を記念して制作されました。
サブタイトルは「~小原台を駆けた若人~」
当時はまだまだアナログの時代。VHSテープ(52分)に収録されていました。
その原作を書き下ろしたのは札幌在住の桑原泰彦先輩。海上の6期生です。三枚目写真にあるA4サイズの「ビデオ構成台本」何と22ページに渡って詳細なナレーション原稿を当時書き下ろされたのです。
任重く台本370.jpg

私は現職を終え第2の人生『映像作家』と自称して(笑; 税務署申告はそのように)おりますが、これだけの濃い内容はとても書き下ろすことは出来ません。
卒業生であれば誰しも熱い思いを共有できるこの素晴らしい作品なんですが、今となっては再生するデッキも身近にはなく、あったとしても錆び付き朽ち果てているのが現実なのであります。
そこでこの度、内々の作業ではありますが、このVHSテープで制作された作品のDVD化に挑戦いたしました。ジャケットの図柄は95%オリジナルのものを踏襲しつつDVDケースのサイズにリメイク。
何とかオリジナルの雰囲気を保ったままのDVD作品として甦らせました。
DVD任重く道遠し背・表紙370.jpg

DVD任重く道遠し裏表紙370.jpg

問題は収録映像内容ですが、本来4:3のアスペクト比を今の16:9のワイド画面で心地よく見て頂くために余った両サイドに防衛大学校の校章とタイトル&サブタイトルを配して上手くバランスの良い画面構成にいたしました。
ワイド画面①370.jpg

ワイド画面2 370.jpg

ワイド画面③370.jpg

明後日には完成させ桑原先輩に映像チェック頂く予定です。
元々非売品として同窓会で制作したものですので営業目的ではありませんが、関心のある方は御一報ください。→ info@hajimevision.com
残念ながら画像の戦明度に関しましては、現在のハイビジョンやひょっとしたら4K8Kに慣れた眼には物足りないかとは存じますが、熱い息吹は紛れもなく感じ取って貰えることと確信いたします。
この作品。日本国の防衛の骨幹を担う若人たちの連綿と続く絆の原点を伺い知ることのできる秀作と言えるのではないかと私自身は思ってます。


関連のコンテンツ紹介です。


nice!(0)  コメント(0)